サッカーのレプリカユニフォーム購入ガイド。オーセンティックユニフォームとは?

サッカー観戦

サッカーの観戦で是非とも用意してもらいたいのがレプリカユニフォームです。

選手と同じユニフォームを身に纏うと気分も上がってきますし、外から見ても同じ色のユニフォームに染められたスタンドは壮観な眺めです。

しかし、レプリカユニフォームを購入する際にはちょっと知っておいてほしいこともあります。

レプリカユニフォーム購入時の注意点について纏めてみました。

スポンサーリンク

レプリカユニフォームとオーセンティックユニフォーム

レプリカユニフォームと聞くと、なんとなく頭に浮かぶのは選手が着ているユニフォームのレプリカ版ですが、実はそれにも種類があります。

レプリカユニフォーム

ごく一般的なイメージのものがこれです。

金額は10,000~15,000円くらいで、選手が着ているものとデザインはほぼ同じです。

一般販売するために作られているものですので、生地は本物よりも頑丈にできていて、管理に気をつければ長く着ることができます。

オーセンティックユニフォーム

オーセンティックユニフォームは一般販売はしていますが、選手が着ているのとまったく同じ素材です。

レプリカと言うのは本当は「正しくない本物のユニフォーム」です。

価格は20,000円くらいでレプリカユニフォームよりも高いですが、本格派の人なら欲しいところです。

通気性などにも優れているのが特徴ですが、その分耐久性にはやや欠けます。

あまり長持ちは期待できないので、それを理解した上でご購入ください。

コンフィットシャツ

レプリカユニフォームはちょっと高いと思う人にはコンフィットシャツをお薦めします。

価格は4,000円くらいで買いやすいのでお子さんに着させてあげるのも良いでしょう。

クラブによってはレプリカユニフォームに比べるとかなり簡素化されています。

スポンサーリンク

サッカーのレプリカユニフォーム 偽物には注意

サッカーの試合会場に向かっている最中に露店でユニフォームの販売をしている姿を見かけることがあります。

海外クラブのものなど、その試合に関係ないユニフォームも多いですが、それらはすべて偽物だと考えください。

気分が出れば気にしないという人もいるでしょうが、購入はクラブの公式ショップやスポーツ店がおすすめです。

スポンサーリンク

サッカーのレプリカユニフォームは頻繁に買い替えるべき?

レプリカユニフォームはどのくらい持っているものでしょうか?

私の知り合いにも軽く10着以上持っている人がいますが、なぜそんなに増えるのでしょう?

ユニフォームは2年に1回くらいは変わる

クラブのユニフォームは2〜3年に1回くらいのペースでデザインの変更が行われます。

以前のユニフォームを着て観戦していてもまったく恥ずかしくはありませんが、新しいものが出たら買いたくなるのがファン心理というものです。

新加入選手がいるとその選手のユニフォームが売れたりするのもよくあることです。

また既存選手の背番号が変わるいわゆる「出世」もあります。

これらに対応しているといつのまにかレプリカユニフォームは増えてしまいます。

限定ユニフォームがある

最近は記念ユニフォームなど数試合限定で実際に試合で着用する限定ユニフォームもあります。

一般向けにも数量限定で販売されますので、これもファンなら欲しくなるのは仕方のないことでしょう。

スポンサーリンク

サポーターなら欲しい「星☆」付きユニフォーム

Jリーグでタイトルを獲得するとユニフォームの胸部分に☆を付けることが出来るようになります。

選手はもちろん、サポーターにとっても大変名誉なことですので、☆付きのユニフォームはよく売れます。

また、アジアチャンピオンズリーグに出場するクラブですと大会仕様のユニフォームを出すこともあります。

レプリカユニフォームのようなグッズの売り上げはクラブにとって貴重な収入源です。

自分が購入することでクラブに貢献していると思えば少しは散財も許されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

レプリカユニフォームを買う時のコツ

レプリカユニフォームを買う時のちょっとしたコツをお教えします。
せっかくなら何度も着たくなるように気持ち良く書ってください。

サイズは大きめにしておく

レプリカユニフォームを着るのは主に試合観戦の時です。

暖かい時の試合であればシャツのように着ることになりますが、寒い時期は下に何かを着ることになります

あまりピッタリのサイズを選ぶと他の服の上から着るのが難しくなるので、少し余裕を持ちましょう。

通販では間に合わない?現地購入も検討

シーズン開幕戦はサポーターにとっても大切な試合です。

「新しい試合で臨みたい!」と思っても通販ですと試合の日までに届かない恐れがあります。

余裕を持って早めに購入するか、現地で調達するのが良さそうです。(スタジアムショップで購入ができることが多いです)

背番号は入れる?入れない?

レプリカユニフォームには選手の背番号が入っています。

ですが残念ながら購入したユニフォームの選手がすぐに他のクラブに移籍してしまうこともあります。

購入する時はそのことも覚悟しておかなければなりません。

気になってしまう人は、背番号が入っていないユニフォームを買った方がよいでしょう。

また、サポーターの背番号として12番を用意しているチームがほとんどなので、12番を選んでもよいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

レプリカユニフォームのお手入れ

試合観戦時に着るので汗もかきやすいレプリカユニフォームは頻繁に洗濯する必要があります。

上手にお手入れすれば長く使うことができますので参考にしてみてください。

裏返して洗う

レプリカユニフォームは背番号やロゴマークなどが入っていますが、表面で洗ってしまうと洗濯槽などに当たって取れてしまう恐れがあります。

洗濯機に入れる際には裏返して入れましょう。ネットに入れて洗うとなお安心です。

ハンガーに干して管理

理想的な管理の仕方はハンガーに干す方法です。

畳んで仕舞うと、しばらく使わなかった場合に背番号がくっついてしまう可能性があります。

ハンガー干しならその心配はありませんし、好きなユニフォームを部屋に飾るのは楽しいものです。

数が多くて干せない場合などはくっつかないように間に厚紙などを挟んでおきましょう。

他の衣類と洗わない

洗濯機では他の衣類と洗わない方が無難です。

色落ちしてしまう可能性もありますし、他の衣類のファスナー等で傷つくこともあります。

少し面倒ですが、手で洗うのが一番優しく洗えるのでお薦めです。

スポンサーリンク

レプリカユニフォームで気分はもっと高まる!

レプリカユニフォームを着ることで試合観戦の気分はもっと高まります。

電車などでユニフォームを着て移動する人を見かけることがありますが、その気持ちはよくわかります。

あなたも是非レプリカユニフォームを着てサッカー観戦をもっと楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました