FAカップとはどんな大会?視聴・観戦方法についても紹介

サッカーの基本とルール

FAカップはイングランドで行われるトーナメント方式の大会です。

イングランドはサッカー発祥の地としても知られていますが、このFAカップも世界で最も歴史が長いサッカー大会です。

イングランド中のチームが参加する伝統的な大会の魅力をご紹介していきましょう。

\ FAカップはダゾーンみれる!1ヶ月無料 /

スポンサーリンク

FAカップはどんな大会?

FAカップはイングランドで行われているプレミアリーグなどのリーグ戦とはまた別の種類の大会です。

多くのチームが参加するので決勝までの道のりも長い、規模の大きな大会となっています。

FAカップにはどんなチームが参加してるの?

FAカップに出場するのはプロチーム・アマチュアチーム関係なく、イングランドのサッカー連盟に加盟しているすべてのチームです。

予選の予選(予備予選)から数えると、なんと700チーム以上が参加するという超ビッグトーナメントとなのです!

国内最高峰のプレミアリーグのチームが出場するのは、予備予選を1回戦と考えた場合に9回戦からですが、アマチュアチームでもプロと真剣勝負ができる貴重な機会でもありますね。

このプロアマ混合トーナメントは世界各国で行われていて、日本にも「天皇杯」がありますが、このFAカップの方式がモデルになっているんですよ。

FAカップの大会方式は?

FAカップは1回勝負のトーナメントで、対戦の組み合わせは抽選で決まり、どちらのホームスタジアムで試合が行われるかも抽選次第です。準決勝と決勝だけは中立地のスタジアムで行われます。

まずは予備予選が始まり、ここに出場するのはイングランドの5部~10部(!?)に所属するチームです。予備予選と予選は合計6回戦あり、勝ち抜いた32チームがFAカップ本選に出場できます。

本選1回戦からは3部と4部のチームも登場し、予選を突破したチームと本選2回戦までを戦い、次の本選3回戦から1部であるプレミアリーグ勢と2部のチームが出てくることになり決勝までを戦います。

他の国のトーナメントと大きく違うところは、ベスト16となる本選5回戦まで引分け再試合(リプレイ)が採用されていることです。

90分で決着がつかなかった場合は延長せずに後日にホームを入れ替えて再試合になり、もしも2試合目も引分けの場合のみ延長戦とPK戦が行われます。

以前は決着がつくまで何回でも再試合でしたが、さすがに日程が厳しすぎるということで廃止となっています。

ちなみに両リームの合意があれば再試合は行わず1試合目でPK戦まで行うことも可能ですが、これは遠征費用が出せない下部リーグ同士の対戦で時々みられる程度です。

FAカップの開催時期は?

FAカップの予選はイングランドのシーズン始まりと同じ8月からで、本選の1回戦はだいたい10月くらいです。

プレミアリーグのチームが参加する本選3回戦は例年年明け早々に行われます。

決勝戦は5月で、プレミアリーグが終了した次の土曜日と決められていますので、リーグのシーズンと平行して開催されるということになります。

スポンサーリンク

FAカップの注目ポイント

FAカップをより一層楽しんでもらうための注目ポイントを挙げていきましょう。
伝統あるトーナメントならではのスリリングな展開が期待できますよ。

FAカップは権威のある大会

FAカップは長い歴史があるトーナメントですが、権威も世界で最初の大会に相応しいものです。

まず大会名からして国の名前が付いていません。FAはフットボール・アソシエーション、つまりサッカー協会ということで、世界で最初のサッカー協会なので国名を付ける概念がなかったんですね。

決勝戦にはFAの総裁を務めるイギリス王族も観戦し、優勝チームには直々にトロフィーを贈ります。

まさにサッカーの域を超えた国民的イベントと言えますね。

FAカップは過密日程との戦いでもあるFA

カップは強豪チームにとっては過密日程との戦いにもなってきます。

いくらシードされているとはいえリーグ戦は毎週ありますし、強豪チームの場合はヨーロッパ王者を決める「チャンピオンズリーグ」や「ヨーロッパリーグ」などの大会も同時に戦わなければなりません。

シーズン後半になればなるほど戦いも厳しさを増してきますので、選手の疲労も溜り怪我人も出てきますので総力戦になってきます。

この過密日程ですので、引き分けて再試合などになっては堪らないというのが本音ではないでしょうか。

FAカップは波乱の多さに注目

FAカップは格下のチームが格上のチームを倒す、通称「ジャイアントキリング(ジャイキリ)」が起こりやすことでも知られています。

その理由は様々なことが挙げられますが、日程の問題とも大いに関係しています。
先に説明した通り、強豪チームはハードスケジュールの中でベストメンバーを組むのは難しく、控え選手が多くなりやすいです。

強豪チームなら控えの選手も十分一流選手ではあるものの、格上に一泡吹かせてやろうと燃えている格下チームの勢いに飲み込まれてしまうことはよくあります。

アマチュアチームが大躍進して上位まで上がってくることも少なくないので、どのチームが勝つかわからないのもFAカップの大きな魅力の一つでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

世界で最も伝統があるFAカップについてご紹介させていただきましたが、その魅力は十分伝わったでしょうか。

イングランド中のすべてのチームが戦うビッグトーナメントですので、その規模も最大級です。

この大会で優勝してその歴史に名を刻むのはとても名誉なことですが、どのチームにもそのチャンスは与えられています。

あなたもぜひ歴史の目撃者になってくださいね!

\ DFBポーカルはダゾーンみれる!1ヶ月無料 /

コメント

タイトルとURLをコピーしました