高円宮杯プレミアリーグとプリンスリーグの違い

サッカーの大会

高校生年代の日本一を決める大会に高円宮杯があります。

高円宮杯は基本的にリーグ戦で行われて、最後だけ優勝決定戦を行います。

高円宮杯にはプレミアリーグとプリンスリーグという別のリーグがあることはご存知でしょうか?

高校生年代のリーグ戦であるこの2つの大会は少しの違いと共通する理念があります。

日本サッカーの発展には欠かせない2つのリーグについてご説明します。

高円宮杯プレミアリーグとは

高円宮杯プレミアリーグは日本の高校生年代の最高峰リーグです。

Jクラブのアカデミー、高校、街のクラブの垣根を越えてその年の最強チームを決めます。

高円宮杯プレミアリーグ大会の仕組み

リーグをEASTとWESTの2つに分けてそれぞれ10チームずつが参加します。

ホーム&アウェイ方式で4月から12月にかけてのリーグ戦を行い順位を決定します。

EASTとWESTの上位8チーム合計16チームはチャンピオンシップに出場、下位の2チームは翌年からプリンスリーグに降格となります。

さらにプリンスリーグの上位チーム同士でプレミアリーグ プレーオフを戦い、勝利した4チームは次年度のプレミアリーグへ出場できます。

高円宮杯プレミアリーグの決定戦 チャンピオンシップ

EASTとWESTの優勝チーム同士が対戦するのがチャンピオンシップです。

開催は中立地での一発勝負で、2018年は埼玉スタジアムで鹿島アントラーズユースとサンフレッチェ広島ユースが対戦しました。

直近5年のEASTとWESTの対戦成績はEAST2勝とWEST3勝と互角の戦いになっています。

高円宮杯プリンスリーグとは

高円宮杯プリンスリーグは位置付けとしてはプレミアリーグの2部リーグとなります。

全国を9つの地域に分けてリーグ戦を行い、上位になれば、プレミアリーグ昇格のチャンスもあります。

高円宮杯プリンスリーグ 大会の仕組み

全国を9つの地域にわけでリーグ戦を行います。

開幕は4月ですが、地域によって終了の時期には差があり北海道や東北などの降雪地域は10月までには終了しています。関東などは12月の終了ですので、プレミアリーグ同様に長丁場のリーグとなっています。

参加チーム数は北海道の8を除くとすべて10チームとなっています。

上位チームは地域に割り振られた枠に応じでプレミアリーグ昇格を賭けたプレーオフに進出することができます。

逆に下位のチームは都道府県リーグで参入戦を勝ちあがってきたチームと入れ替えで降格となります。

高円宮杯プレミアリーグとプリンスリーグの入れ替え

プレミアリーグとプリンスリーグは毎年入れ替えを行います。

プレミアリーグのEASTとWESTのそれぞれ下位2チームは翌年からプリンスリーグに降格となります。

プリンスリーグからは合計4チームが翌年のプレミアリーグに昇格となりますが、その昇格チームはプレーオフによって決められます。

プレーオフはプリンスリーグの各地域の上位チーム合計16チームで行われます。

16チームを4つのブロックに分けてトーナメントを行い、各ブロックの1位のチームが翌年のプレミアリーグの出場権を得ることになります。

会場は中立地で短期集中で行われます。2018年の場合は広島県で開催されました。

高円宮杯の目的

高円宮杯の目的はリーグ戦方式にすることによる選手の試合機会の増加です。

若い選手は試合を通じてどんどん成長していきます。

高校サッカー選手権などの短期決戦のトーナメント方式ですと、緊張感は特筆するものがありますが、どうしても負けないためのサッカーになってしまいます。

リスクを冒すことが出来ないので守備的な戦術や前に蹴り出すだけのサッカーになってしまうので成長が阻害されるのです。メンバーも固定されやすく、せっかくの才能が埋もれる恐れがあります。

そこでリーグ戦方式の高円宮杯が始まったのです。

実力が拮抗したチームが公式戦で何度も対戦する機会を作ることで、試合機会と緊張感の両方を実現したのです。

クラブチームと高校の垣根も取り除いたことで、偏りのない真の日本一が決まることとなりました。

高校総体と高校選手権のトーナメントしかメジャーな大会がなかったことが課題だった高校サッカーでも参加出来るようにしたことで、高校チームでも真剣勝負の機会が増えるようになったことも大きなメリットでした。

高円宮杯プレミアリーグ・プリンスリーグ観戦方法

高円宮杯プレミアリーグは現地に行けば観戦が可能です。

しかし高校のグランドや市営の競技場を使うケースも多いため過度な応援は禁物です。

会場ごとにルールが違いますので予めご確認ください。

チャンピオンシップの観戦は有料ですが、サッカー協会に登録している選手などは無料で観戦することができます。

また、高円宮杯プレミアリーグはテレビ中継もあり、チャンピオンシップはBS朝日で生放送されました。

スカパーに加入して入れば、EASTとWESTの試合も一部生放送で観ることができます。

応援番組も充実しているのでこの年代の動向を追いたい方には加入をお薦めします。

高円宮杯でサッカーがもっと楽しくなる

高円宮杯プレミアリーグは高校生年代の最強チームを決めるリーグです。

ここから将来の日本代表が出る可能性は非常に高いです。

プリンスリーグもプレミアリーグの下の位置づけにはなりますが、上を目指す反骨心がまた選手を大きくさせます。

ずっと動向を追っているとあの選手が成長したねと親心のような楽しみ方もできます。高円宮杯を知れば、サッカー観戦がもっと好きになりますよ。

タイトルとURLをコピーしました